zehへの取組み

ZEHへの取組み

日本ガス住設のゼロ・エネルギーハウス

ゼッチ〈 Net Zero Energy House 〉

これからの住まいのスタンダード。
日本ガス住設はZEH(ゼッチ)を推進しています。

ZEH(ゼッチ)って?

ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ゼロ・エネ ルギーハウスの略。
自宅で消費するエネルギーを、自宅で創るエネルギーが上回ることで、年間の一次消費エネルギー※の収支を正味(ネット)で0にする住宅のことです
※一次消費エネルギー=自然界に存在している形そのままのエネルギー源のこと。

地球だけではなく、人にもやさしいエコロジーな住まい

エネルギー基本計画
~政府の目標(ZEH普及に向けた国のロードマップ)~

「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、
「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指す」とする
政策目標が設定されています。

日本ガス住設は、以下の目標を掲げ、ZEH普及に取り組んでいます。

ZEH普及目標と実績

2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
実績(年間設計監理総数) ZEH普及目標
13件 13件 22件 23件 50%
  • ZEHの周知・普及に向けた具体策

    弊社では、気候風土に合わせた、省エネで快適な健康住宅を提案しています。ホームページ、パンフレット、広告、完成見学会やイベント等でZEH基準住宅への取り組みや活動を積極的にPRし、ZEHの性能やメリットを知っていただく環境を作り、積極的な周知活動を行ってまいります。

  • ZEHのコストダウンに向けた具体策

    基本計画設計段階でコンパクトな設計を心がけ、使用する建材の見直しを行い、コストパフォーマンスのいい創エネルギー環境を取り入れることでコストダウンを図ります。また、ZEH仕様を標準化することで材料と工事費の無駄を省き、年間採用数量を増やすことで各建材メーカーの協力を得ながらコストダウンを図っていきます。

  • その他の取組みなど

    社員に対しZEHをはじめとした省エネ勉強会を実施します。ZEH仕様住宅でなくとも、可能な限りエコ住宅設備を搭載した家づくりを推進します。高気密・高断熱住宅の普及に努め、ヒートショックなどの健康被害やカビ・ダニの発生を低減させる快適で健康な、安心して暮らせる住まいを提案します。